起立性調節障害は数ヶ月で改善可能です


起立性調節障害は、一言で申せば、自律神経の不調です。
自律神経が未発達で不安定な、成長期から思春期のお子さまに多い疾患です。

当院では数年前から、「起立性調節障害」と診断された小中高生の来院が増えてきました。
多くの方が、数ヶ月から数年にわたり症状が改善されず、解決策が見つからず、悩んでおられます。
学校の遅刻や早退、欠席を繰り返し、通学できなくなる方も少なくありません。

病院では、血圧をあげる薬などが処方されます。
サプリメントを勧められることもあります。
しかし、決して薬やサプリメントで治るものではありません。

当院においては、改善の実績が多数あります。
まずは以下のページを読み、正しい知識と改善方法を知ってください。

「ホームページを見た」とお電話ください072-813-8223受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらご相談はお気軽に